02 投影・転移とTA(交流分析)との関係

実際の場面で投影・転移に気づくために、TAの考え方は参考になります。

そこで、TA(交流分析)と投影と転移の関連について説明します。

02-01 「P」「A」「C」と仮想人格との関連

「投影と転移」で説明した転移・逆転移や仮想人格は、TA(交流分析)の交流(やりとり)分析の理解に符合するところがあります。

ここでは「仮想人格」で用いた図4とTAの「P」「A」「C」との関連を説明します。

自我状態
(TA)
図4の該当部分役割・機能の説明
CP■転移仮想人格
・陰性転移仮想人格
・陽性転移仮想人格
【投影仮想人格の見張り役】
・自分を守ろうとする
・想定する危険を回避しようとする
・失敗を戒める
NP

■転移仮想人格
・安心転移仮想人格

【自分の応援団の案内係】
・攻撃を受けて疲弊した自分を労り、癒そうとする
・失敗の心労や疲労を回復させようとする
■第3の耳【冷静な観察・思考者】
・客観的に状況を把握する
・論理的に理解し行動しようとする
・『FC』の自由度に比例して『A』は活性化する
AC

■投影仮想人格
・陰性投影仮想人格
・陽性投影仮想人格

【自分の監視役】
・自分を守ろうとする自分
・自分の行動・言動・思考などを監視し、危険の恐れがあればそれを修正する
・防衛機制(=条件反射)を実現する
FC

■投影仮想人格
・安心投影仮想人格

【自分の応援団】
・自分を楽な状態に回復させようとする
・安心な状況であれば、自分の気持を後押しする

■現実人格

【自然に振舞おうとする本当の自分】
・自分らしく振舞おうとする