10. これからの過ごし方

10-1.違和感に慣れようとする

10-1-1.良いこと

相手の好意的な言葉や行動に、イライラしたり、ウソっぽさや裏があるように感じる時は、直ぐには反応せずに、まず、状況や相手の言葉を客観的に考えてみましょう。

もし、それが「自分にとって嬉しいことかもしれない」と思えるなら、相手の言葉の文字通りの受けとめることに慣れようとして下さい。

あなたの嬉しさを、あなたの友達など、他の誰かと共有することは、その嬉しさをより確かなもにすることを手伝ってくれると思います。

【まとめ】
  • 自分にとって好ましい事を、嬉しいと喜ぶことに慣れようとして下さい。
  • 自分の喜びを、それを共有してくれそうな他の誰かに話すようにしてみましょう。

10-1-2.悪いこと

自分にとって悪いと感じることでも、そこに相手の悪意が含まれていないとしたら、そのことにこれまで思ってきたこととは違う意味があるのかもしれないということを考えてみて下さい。

【まとめ】
  • 相手の言葉は、自分の意味づけではなく、相手の意味づけで理解しようとすること

10-2.嫌な感じと正しく向き合う

「人と話すのが怖いと感じ、人と会うことを避けたくなる」ということを例に説明します。

この状態を詳しく説明すると次のようになります。

人と話すのが怖いと感じるのはいけない事だと考えているので、いけないと感じる感覚が自分起きないように、それが生じそうな状況を避けて、怖いという自分の感覚から自分を守ろうとしている

これは、

  • 人と話すということを避けているのではなく、『怖い』という自分の感覚を避けようとしている

ということです。

このように理解するようにすると、今まで心の中で固く結びついてしまっていた『状況』と『感覚』を少し分離して認識できるようになってきます。

次に、最も大切なことなのですが、

  • ネガティブな感情を感じたあとは、心の疲労を癒す方法を考え、実際にそれをしっかりと実践していくこと

です。

あとまで待たなくても、その時々に癒しを与えていく方法もあると思います。

ネガティブな感情や感覚を感じても、疲労した心は必ず癒されるということが理解できてくると、これまで耐え難かったネガティブな感情や感覚も、心地良いストレスへと自然に変化していきます。

『自身が無い』とは、自分にネガティブな感情や感覚が起こったとき、それにどのように対処したら良いのか分からないという気持ちのことを表現しているのです。

【まとめ】
  • ある状況で嫌な感覚を感じたとき、「その状況が苦手だ」とは認識せずに、自分の苦手な感覚として捉えようとして下さい。
  • 嫌な感覚を感じないようにするのではなく、その感覚によって疲労した心を癒す方法を身につけ、実践するようにして下さい。