07. 自分自身について知る

7-1.「感じること」こそが自分自身である

ここで理解して頂きたいことは、「感情は、自分にとって良いものばかりではない」ということです。

人は生きていく中で、嬉しい時は嬉しいと感じ、苦しい時は苦しいと感じ、悲しい時は悲しいと感じるなど、色々な感情を感じるということは、誰もが頭では当然のこととして理解できていると思います。

ところが、いざ自分に苦しい感情や嫌な感情が生じると、そのことが分からなくなってしまうことが多いのです。

あなたが、どのような感情を感じても、その感情を否定したり肯定したりする理由を考える必要はありません。

ポジティブな感情であっても、ネガティブな感情であっても、自分にとって、その時々の感情は、絶対的に正しいということを、忘れないで下さい。

自分を見失うことは、この感情の取り扱い方が混乱するところから始まります。

【例】 真冬のある日、あなたは40℃の熱に悪寒を感じ病院へ行きました。 その帰り道、川を裸で泳いでいる人を見かけます。 自分が感じていることをきちんと見つめずに、解決を急ぐ事は、このような状況で、裸になって川へ飛び込むようなものです。

辛く感じたり、嫌だと感じたりしたときに、その感情に正しく対処しようとして下さい。

また、もし、生き辛い世界観を身にまとってしまっていた場合は、辛さや苦しさは、その世界観を理解するためのヒントになります。

辛さを認めることと、辛い人生から逃れられないと決め付けることは違います。

辛さを認め、それを癒そうとする勇気を持って下さい。

【まとめ】
  • 「良い感情」も「悪い感情」も、普通の人が普通に感じる感情であることを知って下さい。
  • 自分がどのような感情や感覚を感じているのかに気付いて下さい。
  • 感情や感覚を評価したり、その理由や原因は考えたりせず、ただ感じようとして下さい。