トラウマ(心的外傷)

説明

一般的な説明

心的外傷 個人の精神生活に衝撃を与えるような出来事があり、それがあまりにも強烈であるために適切な対処が出来ず、無意識下に抑圧されて長期にわたる障害をもたらすような体験を言う。
一つだけの出来事で外傷となる場合と、いくつかの出来事が重なったために外傷となる場合とがある。
また、同じような出来事でもそれが外傷になるかどうかは個人側の条件にもよる。
例えば、葛藤が存在しそのために防衛機能が効果的に働かないなどの理由による。

カウンセリング辞典(誠信書房)、「心的外傷」より抜粋】

心的外傷 個人的に精神病理現象をひき起こすほどに強烈かつ刺激的、打撃的となった主観的体験のこと。
フロイトが当初想定していた「刺激防壁」に対して、それを突破するほどの強力な外部からの刺激を外傷性のものと呼んだことに由来する。
原光景(両親の性交渉場面)は心的外傷の代表とされるものである。

精神科ポケット辞典[新訂版](弘文堂)、「心的外傷」より抜粋】

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」『心的外傷』と聞くと、普通の怪我のようにその状態を客観的に把握することができないため、とんでもないことになってしまっているような印象を受けてしまうかもしれません。

しかし、『トラウマ』とは、そんな得体の知れないおどろおどろしいものではなく、簡単に説明すると、

ある状況に置かれたり、ある雰囲気を感じたときに感じる嫌な感じ

と表現できます。

例えば、お父さんがニコニコして近づいて来ると「なんだか嬉しい気持ちになる」といったことも、逆の意味でトラウマと言えます。

つまり、『トラウマ』とは、

ある刺激によって引き起こされる、その次に起りそうな出来事に関する曖昧な予感

なのです。

『曖昧な予感』とは、次に起りそうな事態を具体的に想定しているわけではなく、

  • 何となく良いことが起こりそう
  • 何となく悪いことが起こりそう

という程度の認識です。

しかし、出来事に関する具体的なイメージはないものの、そういった事態に陥る可能性は、過去の経験の繰り返しによって、その本人の生きてきた環境と身に付いた行動の習慣においては、精度の高いところがあるものなのです。

この、

  • 本人の生きてきた環境
  • 身に付いた行動の習慣

においては、精度が高いというところが、そこから抜け出すためのポイントとなります。