共生関係

説明

一般的な説明

もともとのTA(交流分析)の用語としての説明とは少し違うのですが、「感情・感覚 ==> 思考 ==> 行動」という一連の流れが、個人の中で完結できなくなってしまった状態です。

この中のいずれかを他者に奪われてしまう(ex.子供の悩みを親が解決してしまう。)と、一連のことについて自分ひとりでは責任を取ることが出来ない状態になってしまいます。

その結果、次のような漠然とした感覚を身につけてしまう場合があります。

  • 未達成感
  • させられ感
  • 自分の気持ちや感覚が分からない

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

人は、

  • 自分が感じ
  • 自分が考え
  • 自分が行動する

という一連のステップを実現できる状態にあるとき、個として自立ているということができます。

逆に、そのステップのいずれかが、他人のそれにとって代わられる状態を、共生関係にあるといいます。

『共生関係』という言葉を使ってしまうと、それは良くない関係のように感じてしまいます。

しかし、人によって、次のようなことには違いがあります。

  • できること・できないこと
  • したいこと・したくないこと
  • 得意なこと・苦手なこと
  • 好きなこと・嫌いなこと
  • 興味があること・興味がないこと

ですから、あることが得意な人は、それが苦手な人の代わりにそれをやったとしても何の問題もありません。

しばしば耳にすることがある「人は一人では生きていけない」とか「人はお互いに支え合うもの」といった言葉も、同じような意味のことを言っているのだと思います。

ですから、

ある個人が、全てのことをできるようになる必要はない

ということは、まず、理解しておいて下さい。

では、『共生関係』という言葉を使って悪いと説明しているのは、どのようなことなのでしょうか?

次に、そのことについて考えてみます。