PTSD(心的外傷後ストレス障害)

説明

一般的な説明

心的外傷後ストレス障害 自己や災害、戦争など、生命に危険が及ぶほどの体験をしたり目撃した後に見られる精神障害。直接的危険が去った後に見られるものをPTSDといい、直後のものは急性ストレス障害と分類される。

主な症状はフラッシュバックのように、苦痛なイメージの「侵入的反復的想起」、感情の幅が狭くなる、将来に対する希望が持てないなどの「感情麻痺」、浅眠、小さい刺激に対する大きな驚愕反応などの「覚醒亢進状態」の三種類である。

精神科ポケット辞典[新訂版](弘文堂)、「心的外傷後ストレス障害」より抜粋】

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

何をこのように呼んでいるかによって、人それぞれにその捉え方が違っていて、それは凡そ次の2通りに分類されます。

  • 過去に自分が恐怖を感じた環境に、今もなお置かれているように感じて、精神的・身体的に警戒し続けている状態(トラウマと混同してしまている)
  • 過去に臨場したり目撃したりした衝撃の場面の記憶が生々しく残った状態で、何らかのきっかけによって、その場面やその場面での感情が生々しく想起されてしまう

【参考】 トラウマ 

ここでは、この言葉の混乱を含めながら、フラッシュバックを伴うようなもともとのPTSDについて説明していきます。

このサイトのどこかにも書いたと思うのですが、何らかの病気や症状を指す名詞を自分に当てはめてしまうと、

  • 自分 = 定義された病気や症状

と認識してしまいやすくなります。 その結果、

  • それを治す、治さない
  • それが治る、治らない
  • 過去の記憶によって、つらい状態になっている

というように、病気や症状がどうなるかということばかりに意識が集中してしまい、自分の気持ちと向き合えなくなってしまうところがあります。

ですから、まず、今の自分が何によってどういう状態に陥っているのかを、再度、見つめ直すことが大切です。

心的外傷後ストレス症候群やPTSDなどという言葉を使ってしまうと、大抵の場合、 というように、問題は過去にある錯覚してしまいます。

しかし、実は、そうではないのです。