心の苦しさと悩みを解決する記憶ネットワーク再構築療法

パニック障害

説明

一般的な説明

パニック障害 恐慌性障害ともいい、不安神経症の内で発作性不安を主徴とする型のこと。

明らかな誘因もなく、息切れ、動悸、胸痛、発汗、死や病気への恐怖などの激しい精神身体症状の発作を反復性に生じ、慢性に経過する疾患である。

症状の再発を恐れる予期不安を伴うことが多く、更にそれが発展し、広場恐怖にいたることも多い。

精神科ポケット辞典[新訂版](弘文堂)、「パニック障害」より抜粋】

内科的診断で身体的な異常がない時は、精神科や心療内科の受診を検討することも大切です。

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

実際に、パニック障害を経験してみると、

  • それまでは何の問題もなかったのに、突然、そんな病気を発症してしまった
  • 俗に言われている『パニック障害』が、自分の身に、実際に起こっている

といった印象を受けてしまうところがあります。

そして、そのような状況に陥ってしまうと、「自分に、一体何が起こっているのかが理解できずに、混乱してしまうことも多いと思います。

『パニック障害』という症状は、以前に比べればかなり一般的に知られるようになっているのですが、それでも、 と理解できるまでには、相当苦労するところがあると思います。

これは、特に、精神症状は、身体症状とは違って、その原因を視覚的な客観的事実としてとらえることは難しいことによります。

  • 本人が、「自分はその症状や状態に陥っている」と認める
  • 医師や周りの人が、「その人がその症状や状態に陥っている」と認める

という2つの認識の一致が、その症状や状態と向き合い始める第一歩となるのです。

Share