予期不安

【お知らせ】

現在、新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言を受けて、カウンセリングルームでの対面カウンセリングは休止しています。電話カウンセリングのご利用をご検討下さい。

-> カウンセリングルームとカウンセリングのご案内

説明

一般的な説明

予期不安 広い意味ではある行為をする前に人が抱く不安感情である。

例えば、人前で話そうとするときに、「うまく話せるだろうか」「顔が赤くならないだろうか」などと心配する事である。

狭い意味では一度不安体験があって、再び同じような機会に出会ったときにその体験が思い出されていっそうにその不安が増強されることである。

たまたま、満員電車で息苦しくなったという体験からふたたび電車に乗ろうとする時に大きな不安を抱くのである。

カウンセリング辞典(誠信書房)、「予期不安」より抜粋】

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

『予期不安』なんて言葉を知ると、

  • 自分に『予期不安』という特殊な不安が生じるために、今抱えている症状を引き起こしてしまう

というような理解をしてしまいそうです。

しかし、この言葉は、その本質を表す言葉ではありません。

個人によって異なる『パニックに陥りそうなときの心境』を、細かく説明するのが煩わしいので、短い言葉で表現するために、便宜上採用された言葉です。 心理学者などがパニック障害を汎化して解説する時に、細かいことを考えるのが面倒だから使っていると言っても過言ではないように思います。

【余談】 汎化というと、悩みを抱えている人が陥る状況と思いやすいところがあると思いますが、専門家も結構当たり前のように陥る状況ですし、それが専門家の仕事だというところもあります。 しかし、問題を解決する事のできない汎化は、悩んでいる状態と何ら変わりはありません。 心理の専門家は、悩みを解決しようとしている人に、自分自身が行う汎化に気づくことを求めるところがあります。 それと同じように、個別の具体的な解決を語れない専門家が行う汎化に、巻き込まれないよう注意することも大切なのです。