悩み

何でもそうなのですが、ある似通った事象に名詞をつけてしまうと、そういうものが実在するかのような錯覚をに陥ってしまうところがあります。

悩みという言葉も同様です。 悩みという言葉を使うことで、それがあたかも存在するかのように錯覚してしまうと、実際には存在しないものを解決しようとすることになります。

考えれば考えるほど、訳が分からなくなり、解決できないような気持ちにさせられてしまうのは、当然のことなのです。

そこで、『悩み』という言葉を別の言葉で置き換えて説明します。

『考えること』と『悩むこと』

『考えること』を『悩む』と表現することがあります。

このことについて、少し説明ます。

人は、基本的に次の流れを経て、一つの思いを完結すると考えられます。

  1. 何かを感じ
  2. 考え
  3. 行動する

もし、その結果、新たな刺激を受けて自分の中に新たな思いが生じれば、同様のステップを繰り返し、思いが完結した時点で、その繰り返しは終結することになります。

つまり、何かを考える時、その目的は、行動することです。

そして、行動し、思いが完結してはじめて、人はこの一連の流れの中の考えるというステップから解放されるのです。

解放されるものであれば、『考える』ということを『悩む』といった特別な表現をする必要はありません。

しかし、何らかの理由で考えたことを行動に移すことができないと、思いを完結させられないので、考えるというステップから抜け出せなくなってしまいます。

この状態を悩み、或いは、悩んでいると呼ぶのだと考えています。

ですから、悩みから抜け出せないと思っているときは、まず、考えたことを行動に移せなくて困っている可能性を疑ってみる必要があります。

そこで、すべきことは、考えたことを行動に移せない自分自身の気持ちを理解することです。

そこには、必ず、「それができなくなるのは当然だ」と思える事情があります。

その取り組み方については、また、別に説明します。