分かり合う

「お互いを分かり合う」といった言葉を、使ったり、耳にしたりすることがあると思います。

しかし、この言葉は、「どのようになったら、お互いを分かり合えたことになるの?」ということを、曖昧にしたまま使われていることが多いように感じています。

その曖昧なところを認識せずに、この言葉を使ってしまうと、人間関係をややこしくしてしまう恐れがあるので、ここでは、そのことについて、少し考えてみます。

1.期待していること

「分かり合うということ」は、その言葉を文字通りに解釈すると、

  • 相手の言っていることを、自分が理解する
  • 自分の言っていることを、相手に理解してもらう

という2つが同時に成り立っている状態を指していると考えられます。

従って、逆に、次の何れかの状況がある場合、分かり合えていないことになります。

(1)相手の言っていることが理解できない

(2)自分の言っていることを理解してもらえない

これらは当たり前のように感じるかもしれません。

しかし、日々の生活の中で、「分かり合う」という言葉を意識することが多い人は、(2)に意識が向いていることが多いように思います。

つまり、「分かり合えない」は、「分かってもらえない」ということを指していることが多いのです。

また、(1)に意識が向いていても、「相手のことを絶対に理解しよう」という 気持ちではないとき、多くの場合、

  • 相手の言っていることは、受け入れられない
  • 自分の言っていることの方が正しい

などと、相手を非難するような心理状態になっていることが多いような気がします。

自分の言っていることを分かってもらおうとしても、このような雰囲気の中で発せられる言葉は、相手に、『自分の言っていることは無視されて、相手の言い分だけを押し付けられている』という印象を与えてしまいます。

相手がよほど心の広い人でなければ、このような言葉を聞き入れることは難しいだろうということは、想像できます。

「分かり合う/分かり合えない」ということを意識しているというだけで、このように、知らず知らずのうちに、自分の言い分だけを主張してしまいがちになる恐れがあるのです。

つまり、「分かり合う」という言葉の裏には、多くの場合、「分かってもらいたい」という期待の気持ちが隠れているのです。

これらのことから、「分かり合えない」と感じるときは、まず、「自分は、相手のことを理解しようとしているのだろうか?」とチェックしてみることが大切です。