恋愛感情

恋愛に関する夢のあるロマンチックな説明は数多くなされていると思いますので、ここでは、現実的な夢の無い話に徹します。

人間の性質

一般的に、人は、未知な部分を未知なままに放置しておくことが苦手な生き物です。

一連の出来事の断片と遭遇した時なども、なかなかそれをそれだけのこととして放置することはできません。

例えば、次のような場合、どんな気持ちになるか想像してみて下さい。

  1. 電車に乗った時、満員電車なのにある区画の座席だけ誰も座っていなかった
  2. スーパーの通路の真ん中に、ポテトチップスが落ちているのを見かけた
  3. 道を歩いていると、前から歩いてきた見知らぬ素敵な異性が、あなたの方を見て笑っていた
  4. 道を歩いていると、前から歩いてきた汚らしい見知らぬ中年男性が、あなたの方を見て笑っていた

どうですか?

たぶん、その状況に相応しいと思われる原因や理由を想像するのではないでしょうか?

3と4なんて、大して状況は変わらないのに、想像した理由は随分違ったのではないかと思います。

人は、このように、直面した断片的を、

  • 一連の流れの中の部分だと理解しようとし
  • 逆に、その一部の事実から、つじつまの合う全体を創り出し、未知の部分が無い形を創り出そうとする

といった性質があるのです。

我々人間には、未知なことに遭遇すると、想像力を駆使して、全体像を創り出そうとする性質がある