家庭内モンスター・ペアレント

『モンスター・ペアレント』というと、一般的には、

  • 自分の子供を守るために対外的に圧力をかける親
  • 自分の子供のことで、子供に関係する各所にクレームを付けて改善を強いる迷惑な親

を指す意味でつかわれています。

この言葉は、そのような行動をする親たちを『問題のある親』と認識する人たちが、その人たちを排除する力を生み出そうとするために考えられた言葉ですから、そう認識するのは当然なところがあります。

しかし、そのような見方だけをしていると、全体の中での位置づけが分からなくなってしまうところがありますので、そこを補うような説明をしてみたいと思います。

(その行動に関する説明は、モンスター・ペアレントで説明しましたので、そちらの方をご参照ください。)

モンスター・ペアレント

『家庭内モンスター・ペアレント』なんて言葉を使っていますが、そのような言葉を定着させようとしているわけではありません。

逆に、モンスター・ペアレントなんて言葉を使おうとすると、何にでも使うことができるということを知ってもらい、逆に、『モンスター・ペアレント』という言葉から解放されて欲しいと考えています。

モンスター・ペアレントという行動パターンに陥る背景

モンスター・ペアレントと呼ばれる行動パターンに陥る要因は、

自分の子供には、自分と同じような苦しい思いはさせたくない

という親心から来ていて、また、そんな思いにとらわれてしまうのは、

それほど、親自身の経験が苦しかった

という背景があるということは、『モンスター・ペアレント』のページで説明しました。

一般的に認識されているモンスター・ペアレント的行動パターン

一般的に認識されているモンスター・ペアレント的行動パターンについても、『モンスター・ペアレント』のページで説明しましたが、再度記述すると、

  • 一旦、自分の子供をつらい気持ちにさせてしまうと、自分の子供も、また、あのつらい思いをすることになる。
  • だから、子供にそんな経験をさせないように、他人に変ってもらうしかない。
  • 周りに変ってもらうしかない。
  • 環境に変ってもらうしかない。
  • 自分の子供を守るために、自分がその環境を変えるしかない。
  • 自分の子供を守るために、自分がその相手を変えるしかない。

という思考によって、親がそれを実現するために引き起こされる行動と認識することが出来ます。

この思いによって引き起こされる行動を考えたとき、モンスター・ペアレントと認識されていない行動が浮かび上がってきます。

それを、『家庭内モンスター・ペアレント』と位置付けて説明していきます。