妄想

「妄想」というと、ちょっと重たい感じがするのですが、もう少し簡単に表現すると

自分の中のイメージと他者のイメージの間に生じた差異が、修正されずに大きくなってしまった状態

ということができます。

妄想が生じる原因

相違が生じる原因は、コミュニケーションの不足が想定され、

  • 全般的に人とのコミュニケーションが苦手(或いは、交流関係がごく限られている)
  • とても関心のある事だけれども、それを他人に対して隠したい感じがしていることがある

といった場合に、妄想が生まれる余地が生じると考えています。

ですから、コミュニケーションが円滑に行われるようになれば、これまで妄想として留まっていた考えが、想像と現実に、自然に振り分けられていくようになるだろうと思います。

ここまでは、個人的な要因によって生じる妄想について説明しましたが、それとは別に妄想を生み出すカラクリがあります。