アディクション(嗜癖)

一般的な説明

一般的に、「良くないと分かっているのに止められない」行動をアディクション(嗜癖)といいます。 これを、その対象によって、更に細かく、

  • アルコールや薬物などを摂取する物質アディクション
  • ある特定の行動を繰り返してしまうプロセス・アディクション
  • 特定の人間関係に固執する人間関係アディクション

というように分類されることもあるようです。 全体として、直接的な動機としては、「苦しい気分から解放してくれる」ということに向かいますが、二次的には「そこから抜け出せない苦しみ」をいつも抱えているような状態に陥る傾向があります。

意識される問題

通常、問題視される部分が症状名の中に組み込まれ、問題視する事象を中止することが解決だと認識することが多いようです。

【例】

  • タバコ依存症(タバコ中毒)・ニコチン依存症(ニコチン中毒)
  • アルコール依存症(アルコール中毒)
  • 薬物依存症(薬物中毒)
  • パチンコ依存症・スロット依存症
  • ギャンブル依存症
  • 買い物依存症
  • 万引き依存症
  • 仕事依存症
  • セックス依存症
  • 恋愛依存症
  • リストカット
  • 過食症

本当の問題

普通、これらの症状に向き合おうとするとき、その症状を

その行為に伴う快感のような感覚を求める行動を自制できなくなってしまっている

というように捉え、その解決の方向性として『欲望や欲求をコントロールできる(自制できる)ようになる』ことを目指そうとしがちだと思います。

確かに、はじめは、それに伴う快感に誘われて、それらの行為を始めたかもしれません。

しかし、止められないようになるためには、”もう一つの要因”が必要になります。

その行為を止められないことで生じる自責の念によって、心が苦しいと感じること(苦しい気持ちになること)

何らかの行為が原因で、自分にとって良くないことが起こったとき、『それを繰り返すと、また同じような目に合いそうだ』と感じると、普通殆どの場合、次のいずれかに納まると思います。

  • その行為をもう止める
  • 被害を最小限に抑えることで、その行為を楽しめるものにする

しかし、アディクションの傾向があるときは、『自責の念』を感じる必要があるために、このいずれにも当てはまることなく、同じようなトラブルの状態になるまで繰り返すことになるのです。

普通に考えれば、「自責の念を感じたい」と思う人など一人もいないと考えると思います。

そして、意識では、誰もが「自責の念など感じたくない」と考えていると思います。

そして、そのように考える事によって、『自責の念を必要としている気持ちがある』ということには意識が向かなくなってしまっています。