甘える、甘やかす

一般的に用いられる時の意味

本来、『甘える』とか『甘やかす』などということは、意識する必要など無いことなのですが、特に、子供の行動を評価したり、それに伴って自分の接し方・子育てを振り返るときに、なぜか、これらの言葉がしばしば持ち出されます。

そして、自分の思い通りにその人が行動しないときに『お前は甘えている』とか、そんな相手への自分の行動の影響を振り返るときに『甘やかしたからこのようになってしまったのかもしれない・・・』と悪いことの原因の一つとして、悪いニアンスをもって広く認知されてしまっているところがあります。

『甘える』の認識の現状

心が安心した状態で安定する為には、実は、この『甘やかす(甘える)』ということがとても大切だと考えています。

このことを、次の例を参考にしながら説明します。

【例】

ある母親が3歳くらいの子供を連れて買い物に行くことにしました。

しかし、行く先には「おもちゃ屋」もあります。

母親は、子供に「今日は何も買わないよ」言い、子供もそれに同意しました。

ところが、その子供は「おもちゃ屋」の前に来た時に、やっぱりおもちゃが欲しくなってしまったのです。

その様子を見ていた母親は「今日は何も買わないって約束したでしょ!」と言いながら、子供を連れて行こうとします。

子供は店先で寝転がって泣き叫び始めてしまいました。

この場合、「甘やかす」というと、子供の要求に応えておもちゃを買ってあげることをイメージしてしまいがちです。

そして、「甘やかさない」ということを子育ての方針として意識している親は、泣き叫ぶ子供を、強い意志でその場から引き離そうとするかもしれません。

しかし、母親が、子供をその場から無理矢理引き離し、泣き叫ぶ子供にただ我慢することだけを強いてしまうと、子供にとってお母さんは『敵』以外の何ものでもなくなってしまいます。

そうとすると、子供は自分の気持ちを治めるために母親を頼れなくなってしまい、自分ひとりで我慢するしかなくなってしまいます。

この状態を、もう少し一般的な表現に直してみると、『子供はネガティブな感情を感じ、それを母親に対して表現したことによって、更に辛い気持ちにさせられる経験をした』ということが出来ます。

また、逆に、おもちゃを買い与えたとしたら、その行為は『子供を甘やかせている』というよりは、『子供が泣き叫ぶ状況に親が耐えられず、その耐えられない自分の感覚から逃れる為におもちゃを買い与えてしまった』という意味合いの方が強いのです。

極端な表現をすると、『他人を脅したり、他人が嫌がることをしたりすれば、自分のわがままを通す事が出来る』ということを教えている事と等しいとさえしてしまいます。

つまり、この状況では、『おもちゃを買っても買わなくても、子供にとっては、甘えた事にはならない』ということなのです。

しかし、その時々の対処に、甘やかせる・甘やかせないという何の関連性もない意味合いを付け加えて、その良し悪しを判断しようとしているのです。