01 言葉の現実

1-1 言語的刺激と意味

聴覚が機能している人にとっての言葉は、人の声のような性質を持った音声イメージとしてとらえられます。

例えば、文章を黙読するときには、頭の中では、自分が声を出して読み、そして、その声を聞いているような感覚になっています。

また、何かを考えているときに頭に浮かぶ言葉にも、自分の声の性質を感じています。

他の人が話すのを聞いているときには、その言葉に、相手の声の性質を感じています。

私たちに言葉を感じさせるトリガーには、文字[視覚]、口の動き[視覚]、点字[触覚]、声[聴覚]など様々なものがあります。

しかし、トリガーの種類が異なっても、それによって頭の中に生じている「その意味を感じさせるもの」には何の違いもありません。

例えば、次の文字を眺めてみて下さい。

音の性質を持つ「と」・「け」・「い」という言葉が浮かび、同時にその意味も理解します。

今度は、その文字から、どのように意味を理解しているかを、もう少し詳しく感じてみて下さい。

「時計」という文字の側ではなく、自分の側に「その意味を感じさせるもの」が生じていることに気付くと思います。

目に映った「時計」や「とけい」という文字、あるいは、それを声に出して読んだときの「と」・「け」・「い」という音から、モヤモヤとした「時計を感じさせるイメージ」が呼び起こされていることに気付くと思います。

そして、そのイメージから感じ取ったことを、頭に浮かんでいる「とけい」という言葉や視覚的にとらえた言葉である「時計」という文字にオーバーラップさせて、その意味を理解しているのです。

このように、私たちは、その言葉の意味を、言葉から直接理解しているのではなく、自分の中に浮かんだイメージによって理解しているのです。