10 まとめ

10-1 私たちにとっての現実

私たちはみんなが同じ現実の中で生きていると思っています。

しかし、実際はそうではありません。

私たちは、様々なことを、そのときに感覚器官から得られる情報だけでなく、記憶からの情報で補って認識します。

感覚器官によって確認したことを知覚現実、自分の記憶から補ったことを記憶投影現実と呼ぶと、「私たちにとっての現実(合成現実)」は、知覚現実と記憶投影現実の2つが重なり合ったものということができます。(現実の二重構造)

人は、自分の体験から得た情報によって、自分にとっての記憶投影現実を構築しながら生きています。

全く同じ体験を重ねる人がいないことを考えると、体験の蓄積によって構築される記憶投影現実も異なることになり、それを要素としている「私たちにとっての現実(合成現実)」も同じではないといえます。

ですから、自分が把握したことだけでは、誰かの本当の気持ちを想像によって理解することなどできません。

想像によって、他人の気持ちを正しく理解するためには、その人にとっての現実の全て、すなわち、人生の全てを知る必要がありますが、そのようなことは不可能です。

誰かの気持ちを正しく理解するには、本人に教えてもらうしか方法はありません。

お腹の痛さは、本人にしか分からないのと同じです。にもかかわらず、私たちの多くは、不思議なことに、心に関することだけは、他人のものでも自分の想像だけで理解できるような気がしているようなのです。

社会の一般論や心理の専門知識などによって、機械的に人の気持ちを理解できるはずなどないのです。