08 現実への感覚の組み込み

8-1 組み込まれる感覚の強度

感覚の素は、記憶投影現実の中に色々な形として組み込まれます。

カラスの例では、「いつもの家に差し掛かったところ」という記憶投影現実の中の場所という要素に、感覚の素が組み込まれています。

感覚の素は、このように地理的な要素以外にも、人・物・状況など色々なものに組み込まれます。

次に挙げるようなときには、体験によって得た情報が記憶投影現実に感覚の素として組み込まれる際に、嫌な感覚の強度や、その感覚と対象との空間的・時間的な距離感などに狂いが生じてしまいます。

【不快な感覚を強化する要因】

(1)その人にとってあまりにも強烈な体験である

(2)その体験によって生じた感覚や感情を否定される

(3)体験そのものを批判される

(4)体験によって生じた感覚や感情に合った適切な手当てをせずに放置される

これらの要因によって新たに生じたつらさは、「不快な感覚を強化する要因」となった体験ではなく、はじめにつらさを生じさせた体験の方に付け加えられてしまうところがあります。

このようにして、はじめのつらさが実際よりも強められてしまうことによって、体験によって得た情報が、実際よりも何倍もつらい体験としての「感覚の素」を伴って、記憶投影現実に組み込まれてしまうのです。

その結果、全く心配ない状況でも、その体験のことを考えただけで、嫌な感覚が蘇ってしまうようになることもありますし、また、雰囲気に敏感になって、あまり似ていない状況でも、似た雰囲気を感じ取ってしまって、嫌な感覚が蘇るようになることもあります。

例えば、テレビからカラスの鳴き声が聞こえてきただけでも、カラスに襲われそうな恐怖を感じてしまうような状態です。

このようなときは、「カラス」という動物の種類に感覚の素が組み込まれています。

他にも、ちょっと過剰反応かもしれないと思うようなことには、記憶投影現実に、何らかの体験による「感覚の素」が組み込まれていると考えられます。

逆に、つらい気持ちのときに、親身になって話を聞いてもらったり、安心になるまで抱きしめてもらったりすると、つらい気持ちを和らげることができます。

その結果、つらい体験によって生じた感覚を記憶する際に、狂いは生じにくくなり、不快な感覚が生じる対象範囲が不必要に広がることを防ぎます。

更に、感覚とその対象との結びつきは弱くなり、また、呼び起こされる感覚も小さくなるため、感覚や感情に振り回されにくくなります。

いつまでも嫌な出来事などに、こだわることもなくなります。

そして、妥当なときにだけ、妥当な強さの感覚が生じて、妥当な反応ができるようになります。