05 感覚と行動の関係

5-1 人の行動は、感覚によってコントロールされる

以前、催眠を利用してくしゃみが出るかどうかを確かめたことがありました。

私の予想では、それが可能だとしても、ただ「くしゃみ」という反応(行動)だけが単純に生じるというものでした。

実験は成功し、くしゃみが出ました。

しかし、協力者にその体験を確認してみると、予想とは少し違っていました。

「くしゃみ」という反応が単純に起こるのではなく、「鼻がムズムズして、その結果としてくしゃみが出た」というもので、日常の普通のくしゃみと同じ体験だったのです。

催眠中に「鼻がムズムズする」といった言葉は一切使っていませんでしたから、鼻にムズムズした感覚が生じたことは少し不思議でした。他にもいくつかの実験をしましたが、いずれも「まず感覚が生じ、その感覚が発端となって行動が引き起こされる」という流れは同じでした。

これらの実験によって、「行動は、それ自体が単独で起きるのではなく、感覚によって引き起こされている」と理解しました。

「人の行動は、感覚によってコントロールされる仕組みになっている」と解釈することもできます。

実験でくしゃみを引き起こした感覚は、知覚現実からの刺激によるものではありません。

記憶投影現実の中で生じた感覚です。

その感覚によって、実際の行動がコントロールされたのです。

ですから、記憶投影現実の中で生じる感覚にも、行動をコントロールする働きがあると考えられます。