03 人にとっての現実

3-1 感覚の投影

スイカを両手で持ち上げるところを想像してみて下さい。

スイカを持ち上げると、その重さを感じます。このとき、私たちは「スイカが重たい」と考えます。

つまり、「重たさ」はスイカ側にあると認識します。物理学的に考えても、スイカには質量があり、その質量と地球の重力との関係で、スイカに重さが生じると理解します。

これを人の感覚を中心にして考え直してみると、全く別の解釈ができるので、それを説明します。

人がスイカを持ち上げて「重たい」と感じているとき、その重さを感じているのはスイカを持ち上げている人であって、スイカではありません。

スイカを持ち上げる様子を見ている人にも、その重さが伝わるようなところはありますが、実際に感じることはできません。

スイカを持ち上げたときに感じる重さは、持ち上げている人にだけ生じる感覚です。

人がスイカを持ち上げている様子を客観的に説明すると次のようになります。

(1)自分はある姿勢を継続している

(2)その姿勢を保つために、体の様々な部分に力が加わっていることを感じている

(3)自分はスイカを持ち上げている状態だと認識している

(4)自分の力加減の感覚は、スイカを支えるために生じていると解釈する

(5)自分の感覚をスイカに投影して、自分の感覚から切り離す

(6)その結果、自分の感覚はスイカ側の性質となり、「スイカの重さ」と認識する

このように「スイカの重さ」と思っていたことは、実際には、自分に生じた感覚を、スイカという自分以外の実体に投影したものなのです。

この解釈は、重さだけでなく、色・形・触った感覚・音などにも当てはめることができます。

つまり、私たちが知覚していることの全てが、自分の感覚を、その感覚の対象と認識する物に投影したものだといえます。

更に、自分の感覚を投影する対象となる「視覚によって確認した実体(知覚現実)」さえも、脳が創り出す立体的なスクリーンのようなものに映し出されたものといえるのです。

ちなみに、真の現実の中に実在するものであっても、人間の感覚器官によって検知できないものは、私たちの中のスクリーンには投影されることはなく、私たちにとっては「存在しないもの」という扱いになります。