14 「心理カウンセリングをやめたい」と思いながら続けているとき

相談者が心理カウンセリングに対して、主体性を持つことが難しい事情について説明します。

時々「心理カウンセリングをやめたい」という悩みを聞くことがあります。

その気持ちは、細かく分析すると、次のようなものだろうと考えています。

(1)「心理カウンセリングで心の問題が解決するらしい」という情報を知っている

(2)自分の心の問題も解決することを期待して心理カウンセリングを続けている

(3)でも、「心は楽になっていない」と感じている

(3’)逆に、「心が苦しくなっている」、「心理カウンセリングが苦しい」と感じている

(4)「楽にならないのなら、心理カウンセリングを受ける意味はない」と思っている

(4’)「苦しいだけなら、もう心理カウンセリングはやめたい」と思っている

(5)役に立たないように感じていても、続けていれば、心は楽になるかもしれないという期待もある

(5’)心理カウンセリングの苦しさを乗り越えれば、心は楽になるかもしれないという期待もある

(6)心理カウンセリングが、どのような理屈や流れで心を楽にするのかが分からない

(7)だから、「続ける」か「やめる」かを主体的に決断できない