04 「つながり」に関するイメージ

この世の中のあらゆるものは、ただ存在するだけで、それを取り巻くあらゆるものと関係性を持っています。

何もしなくても既につながっているのです。

人間関係についても同じことがいえるのですが、この関係性の感覚に狂いが生じると、人間関係が旨くいかなくなってしまいます。

ここでは、そんな説明をしていきます。

4-1 群れる習性

動物の関係性の象徴的な現象である「群れ」について考えてみます。

動物は「群れを作ろう」と考えて群れを作るわけではなく、不安と安心という感覚によって次のような流れで群れが形成されると考えられます。

(1)他の個体との距離が離れすぎると本能的に不安な感覚が生じる

(2)不安を解消しようとして、他の個体との距離を縮めるための行動が引き起こされる

(3)一定の距離を確保できれば、不安は消失し安心になり行動が止む

(4)これらの反応の繰り返しが、それぞれの個体に起こることによって、結果として群れが形成される

このように考えると、動物は不安が生じても直ぐに不安を解消して安心な状態になれるといえます。

人間は、猿の仲間ですし、また、社会を形成して生きている現状からも、猿と同じように群れを作る習性があると考えられます。

ですから、人間も他の動物と同じようにすれば、簡単に不安が解消して安心な気持ちになると考えられます。

ところが、人間は複雑な思考が本能よりも優先されるので、そう簡単にはいきません。

何らかの集団(会社・グループ・仲間・クラスなど)に属している場合、距離的には既につながっているのですから、その集団に自分に対する悪意が働いていなければ、「つながっていない」と感じることはないはずなのです。

しかし、「つながっていない」と感じる人はいます。このようなことを考えると、「つながっていない」と感じるのは、「本能的に生じる不安」とは「別の不安」が原因だといえそうです。

集団に属さずに過ごしているときに、そんな別の不安を孤独感と解釈すると、何らかの集団に属したくなります。

しかし、そのようにして自分が「つながっている」と思える状態を作り上げても、「別の不安」は解消されずに残ったままになります。

そして、今度は、残ったままの「別の不安」を「集団に関わることによる不安」と解釈し、集団に属すことを煩わしく思うようになったりするのです。

そのような心理状態では、集団に属しても属さなくても不安は消えずに残ったままで、いつまでたっても安心な気持ちになることはできません。

どちらに転んでも不安には代わりはないので、結局、それまでの人生の中で、奇しくも一番安心だった状態、すなわち「孤独」という自分を守るための殻の中に舞い戻ってしまいます。

このような個人の原因に加えて、社会の複雑なルールや常識、現代の社会の形態なども、「つながり」の感覚を薄れさせるように働きます。