心の苦しさと悩みを解決する記憶ネットワーク再構築療法

02 家庭に対するイメージ

心の平穏を考えたとき、家庭は、家族の心を楽な状態に保ったり、家族の心をダメージから回復させたりするように機能する必要があります。

もともとは家庭以外の人間関係においても、心に対してそのような機能は働いていたのでしょうが、現代社会においては、核家族化や地域社会の崩壊などによって、その機能が正常に働かなくなってきています。

ですから、「自分たちの心は自分たちで守る」ということから始めるしかなく、そのためには、まず「家族の心は家族で守る」という形が、今の社会では、何よりも求められることなのです。

家庭が家族の心身の安心・安全を保障することによって、家族は緊張・警戒状態から解放され、外での活動によって受けたダメージから心身を回復させられるようになります。

自分の外での経験を家族に聞いてもらうだけで、新たな活動に必要な勇気や心のエネルギーが補充され、心身の疲労は回復し、心の健康が保たれるのです。

これは、家庭での次のような関わりによって実現できます。

■お互いの感覚を否定したり責めたりしない

■お互いの感情を否定したり責めたりしない

■お互いの思考を否定したり責めたりしない

■お互いの行動を否定したり責めたりしない

■お互いの「行動による結果」を否定したり責めたりしない

もう少し具体的に表すと、次のようになります。

○嬉しいとき、一緒に喜んでくれる人がいる

○つらくなったとき、寄り添って話を聞いてくれる人がいる

○何かにチャレンジしているとき、応援してくれる人がいる

○頑張ったけど失敗したとき、結果よりも頑張ったことを認めてくれる人がいる

○痛いところがあるとき、優しくさすってくれる人がいる

○寒いとき、毛布をかけてくれる人がいる

○暑くて眠れないとき、うちわで扇いでくれる人がいる

○のんびりしたい気分のとき、のんびりさせてくれる人がいる

○恐怖や不安を感じているとき、安心になるまで気持ちを聞いてくれる人がいる

○やる気が出ないときや疲れているときなどにゴロゴロしていても、それを承認してくれる人がいる