(付録) 心理カウンセリングの活用

最後に、ここまでの説明を踏まえて、心理カウンセリングを活用するときのポイントを簡単に説明しておきます。

一般の人に相談するときにも参考にして頂けると思います。

(心理カウンセリングが心に働く理由などの詳細は、第2巻で説明します。)

1 心理カウンセラーと普通の人の違い

例えば、「今度、結婚することになりました」と言ったときに、普通の人は、「おめでとう!よかったね」といったことを無条件に言いがちです。

それに対して、心理カウンセラーは、例えば「そうなんですね・・・。

ところで、それは、あなたにとって良いことなのですか?」といった確認をし、「はい、良いことです」と答えれば、「それは良かったですね、おめでとう!」といった応答をし、返事によっては「何か心配事があるのですか?」というような応答をします。

簡単にいうと、「心理カウンセラーは、心理カウンセラー自身や世間的な主観ではなく、相談者の主観を大切にしようとする」といえるでしょう。