05 条件反射に支配され自分の思い通りに行動できない苦しさ

5-1 行動・思考は感覚によって操られる

私たちは、自分の意思で行動していると思っています。

しかし、「感覚や感情に操られている」と理解する方が現実に近いところがあります。

以前、催眠の暗示を利用してくしゃみが出るかを確かめたときのことです。

詳しい説明は省きますが、「くしゃみが出る」という暗示に、協力者は「鼻がムズムズして、自然にくしゃみが出た」と、その体験を教えてくれました。

暗示の際には、「鼻がムズムズする」という言葉は使わなかったのですが、鼻にムズムズする感覚が生じたのです。

「頭が白くなって話せなくなる」と困っている方がいました。

そこで、「頭が白くなる」という感覚を催眠状態の中で取り除くと、それまで話せなかったような状況でも、何の問題もなく話せるようになるということが起こりました。

その他の実験や催眠療法の実践から、「感覚によって行動が起こる」、「感覚によって行動が抑えられる」というように、「行動」には「感覚」が大きく関わっているという結論に至りました。

また、「思考」も「感覚」に操られているところがあります。

例えば、目の前に子犬がいるとき、その子犬に「怖さ」を感じれば避ける方法を考え、「可愛さ」を感じれば触る方法を考えるような感じです。

「感覚によって行動や思考が操られる」ということを「感情によって行動や思考が操られる」と言い換えることもできます。

生き物は、自分に生じる快・不快という単純な感覚に従って生きています。

人間は、この快・不快の感覚を、そのときの状況やそれが生じた背景を踏まえた解釈によって分類し、その分類のことを感情と呼んでいるのです。

ですから、感覚も感情も同じことです。

(以降、「5 条件反射に支配され自分の思い通りに行動できないストレスによる苦しさ」の中では、解釈が付け加わっていない感覚と感情を合わせて、「感情」と表現することにします。)