04 慢性的に胸部に感じる不快感

4-1 慢性化した不快感と行動のサイクルの関係

歯痛、頭痛、腹痛などがあると、気持ちに余裕がなくなってしまいます。

胸部の不快感が生じているときも同じです。

「2 誰でも同じように感じる苦しさ」でも説明しましたが、「我慢している」とは「頑張っている」ということです。

例えば、歯が痛いとき、その痛みに耐えるだけでも大変なのに、更に、いつも通りの行動をしようとすると、かなりの頑張りが必要です。

腰痛でも頭痛でも同じで、体のどの部位にでも慢性的な痛みや不快を感じていたら、いつも通りにしているだけでも頑張りが必要なのです。

「3 抜け出せない思考による苦しさ」で説明した「行動のサイクル」のポイントは次の3つです。

(1)何かを感じることがトリガー(引き金)となって、行動のサイクルが始まること

(2)行動のサイクルの目的は、トリガーとなった感覚を消失させること

(3)トリガーとなった感覚があるうちは、行動のサイクルを繰り返すこと

動物らしく生きているときは、自分に何らかの感覚が生じると、それを解消するための行動を起こし、生じた感覚はその行動によって簡単に解消され、行動のサイクルは終結します。

例えば、体にかゆみを感じると、「かゆい部分をかく」という行動が起こり、かゆみが治まれば、その行動は自然に止まります。

このように、人や動物に生じる感覚のほとんどは、もともとは、ちょっとした行動で解消するものばかりで、長く解消しない感覚は、天候や季節のような自然環境が関係するものしかなかったのではないかと想像しています。

しかし、現代社会では、社会の構造や制度、社会的常識や知識、人間的な思考などによって、楽に過ごすことが困難になる状況が引き起こされ、更に、その状態が定常化しています。

そして、その「変化しない」ということが、胸部の不快感の慢性化を引き起こしてしまうとも考えられます。

変化しない状態にはいろいろな状況が考えられますが、その中で最も陥ってしまっていることの多い状態が、何度も説明していることなのですが、「感情を排出できない状況や状態」の定常化です。

ちょっとした感覚をちょっとした行動で解消することを目的とした行動のサイクルが始まっても、定常化した「感情を排出できない状況や状態」によって、トリガーとなった感覚は解消されずに残ってしまいます。

そのようにして慢性化した感覚がトリガーとなって行動のサイクルが始まるようになると、そこから抜け出せなくなってしまいます。

そして、何をしてもトリガーとなる感覚が解消しないことに、混乱してしまうのです。

現代社会には、このような状態に対する誤った情報が蔓延してしまっているため、それを信じた私たちは、自分の状態を正しく解釈できません。

そして、心の苦しさを解消できないばかりか、誤った解釈によって、更に悪化させて、種々の精神的な問題を生じさせてしまっているのが、現代社会に起こっている心の問題なのです。