03 抜け出せない思考による苦しさ

3-1 行動のサイクル

人が何かを感じると、次のような行動のサイクルに従って行動します。

【行動のサイクル】

■ステップ1:何かを感じる

■ステップ2:自分なりに、状況を把握する

■ステップ3:自分なりに、感覚の原因や解決策を考える

■ステップ4:自分なりに、行動をする

■ステップ5:自分に生じていた感覚が消失する

行動のサイクルは、何かを感じることによって始まります。

行動のサイクルの目的は、適切な対処をして、きっかけとなった感覚を消失させることです。

これは「2-7 不快は快で相殺できない」で説明した楽な状態を取り戻すことに当たります。

きっかけとなった感覚が生じているうちは、行動のサイクルは繰り返され、その感覚が消失すると行動のサイクルから抜け出します。

例えば、「空腹に気付いたときに食べはじめ、空腹感がなくなると食べるのをやめる」という一連のことを思い浮かべると、行動のサイクルのイメージがつかめると思います。

この行動のサイクルの流れから、胸の苦しさを抱えているときの状態を想像することができます。

胸の苦しさを感じると行動のサイクルが始まり、胸の苦しさ(ステップ1)があるうちは、ステップ2~ステップ4を繰り返すことになります。

また、心に苦しさを抱えていなくても、何かを感じて始まった行動のサイクルにおいて、何らかの理由でステップ4の行動が起こせなければ、ステップ2~ステップ3を繰り返し、行動のサイクルから抜け出せなくなります。

これは、解決できないことをいつまでも抱え込んでいる状態(悩んでいる状態)です。

いつも何かを解決しようとして、考えが頭をグルグルと駆け巡っていると、精神的に疲労して心が苦しいと感じるようになってしまいます。

そんな状態でいつも通りに社会的活動をするには、かなりの頑張りが必要で、体もくたびれてしまいます。

そのような状態に陥らないために、何らかのきっかけによって行動のサイクルが始まったときには、できる限り早い時期に、正しい対処によってステップ5に結びつけることが大切です。