01 「自分の心に問題がある」と認識し、自分を責める苦しさ

例え話で説明します。

小学校の先生が生徒に「1+1=?」という問題を出しました。

これに正解した人から帰宅することが許されます。

正しい答えは「2」なのですが、先生も他の生徒も、なぜか「369」だと思い込んでいます。

他の生徒たちは、先生の授業をしっかり聞いていたので、先生が間違って教えたことをそのまま覚えてしまったのです。

空想にふけっていたA君だけは、先生の話を聞いていなかったのでそれを知りません。

他の生徒は、ノートに「369」と書き、次々に先生からOKをもらって帰宅していきます。

A君はノートに正しい答えである「2」と書いて先生に見せますが、間違いだと言われます。

でも、A君は、なぜ間違いなのかが分かりません。

何度も先生に見せますが、OKをもらえるどころか、同じ答えを何回も見せて先生を不機嫌にしてしまいます。

「問題の写し間違い?」、「『+』に見えるけど『-』?」、「『=』に見えるけど『÷』?」、「もしかしたら、これはナゾナゾなの?」などと、いろいろ必死に考えても、いつまでも先生からOKはもらえません。

A君はとても苦しい気持ちですが、家に帰りたいので、苦しさをこらえて必死に考えます。

でも、考えれば考えるほど、分からなくなってしまいます。

考えれば考えるほど苦しくなってしまいます。

A君は携帯電話で友達からこっそり答えを教えてもらいました。

「369?」、A君は答えを聞いても理解できませんでしたが、もう考える余地はありません。

その答えを書いて、ようやく家に帰ることができました。