16. 子育てにおける父親と母親の助け合いについて

ここでは、特に、乳幼児期の子育てのことを説明したいと思います。

16-01. 子育ては大変なこと

心を抑えつけられる前の子供の行動は、親の思い通りになることなど一切無いといっても過言ではないかもしれません。

そんな状況で、親が『人としての基本の部分』と思っていることを、子供に理解させ、そして、身に付けさせなければならない』という責任も負ってしまっています。

  • 教えても理解できないのか
  • 理解しているのにできないのか
  • 理解しているのにやらないのか

そんなことを考えているうちに、一向に親の思い通りにならない子供の行動を見ているうちに『理解しているのに逆らってやらない』と思ってしまうような状態に陥ってしまうことも多いのではないかと思います。

そんなことを解決しようと考えていたり、たまにはゆっくりしたいと思っていても、

  • お腹すいた!
  • おやつが食べたい!
  • ジュースが飲みたい!
  • 散歩に生きたい!
  • 散歩から家に帰りたくない!
  • 風呂に入らない!
  • 歯は磨かない!
  • 寝たくない!
  • あれ買え!これ買え!

好き勝手な事を言ってきます。

兄弟が居たら、これらに加えて、大人にとってはどうでも良いような事で始まる兄弟げんかの仲裁を、四六時中しなくてはいけなくなります。

何が言いたいのかと言うと、子育ては大変なことということです。

  • 子育ては、楽しいはず
  • 子供を可愛く思えない自分はダメだ

などと悩む人がいますが、そんな人は、自分の大変さを理解していない傾向があるように思います。

子育ての楽しさや子供の可愛さは、子育ての大変さの向こう側にあるようなイメージだと思います。

ですから、その大変さに向き合っている自分の努力を自分自身が認め、そして労ってあげなければ、子育ての楽しさや子供の可愛さなんて感じられないと思います。