13. 現代社会が家庭の構造に与える影響

【お知らせ】

現在、新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言を受けて、カウンセリングルームでの対面カウンセリングは休止しています。電話カウンセリングのご利用をご検討下さい。

-> カウンセリングルームとカウンセリングのご案内

この節を読んで頂く際の注意点

はじめに、この節を読んで頂くにあたっての注意点を書かせて頂きます。

この節で書く内容は、何となく読んでしまうと、『母親が悪く、母親が心を入れ替えるよう努力することで事態は改善する』というようなことが書かれているような印象を受けてしまうかも知れません。

しかし、書いているのはそのようなことではありません。

誰が母親であっても、今の社会の構造の中で母親という役割がそのような機能を果たすようになってしまう

繰り返しますが、『人の問題ではなく、役割が持っている問題だ』ということを書いています。

誤解の内容にお読み下さい。

13-01. 『こころ救済システム』を取り巻く現代社会の状況

  • 核家族という概念の浸透は、子供の『あやし役』になりうる大人の数を減少させました。
  • 自家商売で生計をたてる家族の割合が減り、職場に赴いて賃金を得るいわゆるサラリーマン型の職業の浸透により、家庭に父親が存在する時間を減らしました。 (そして、労働の長時間化は、それに拍車をかけています。)
  • また、転勤という概念の浸透によって、地域社会(地域家族といっても良いかもしれません)を崩壊させるように働きました。

このような背景は、高度成長期といわれる頃から、私たち日本人に徐々に浸透し、今では、当たり前のことのように受け入れられてしまっているように思います。

そして、現代の家庭は子供と関わる大人は母親一人だけという時間が、家庭における時間の大部分を占めてしまうような構造になっています。

この構造的な問題によって、これまで説明してきこころ救済システムの崩壊がかなり以前から進行してきたのだろうと思います。