カウンセリングをやめたい

そして、気付いた感情を、カウンセラーに「つらくなっているんです」、「つらくなってしまうんです」などと伝えてみると良いと思います。

そうすれば、カウンセラーは、「つらい気持ちにさせてゴメンね」とか、「そんな気持ちなのに、我慢して、頑張って話してくれてたんですね・・・、気付かなくてゴメンなさいね」とかいう言葉を返してくれ、あなたの気持ちを受けとめてくれると思います。

そして、「じゃぁ~、どうしようか・・・」などと一緒に困ってくれると思います。

そこで、カウンセラーと一緒に解決策を考えはじめれば良いのです。

この『誰かと一緒』ということがとても大切です。

心の苦しみの解決は、殆どの場合、「心の苦しみを抱えておられる方自身が意識していること」を解決することでは得られません。

これまで、一人で困っていたことに対して、一緒に困ってくれる人がいる。

この「自分のことに一緒に困ってくれる人がいるんだ!」という体験に慣れることが重要なのです。