04. 様々な状態を理解する

子供の状態を指す様々な言葉がありますが、それらの言葉を使って社会おこなう意味づけを、鵜呑みにしていたのでは、子供の気持ちは理解することが出来ないと思います。

それらの言葉から離れて、子供の気持ちと関わるようにすることが大切です。

 

【例】  ニート、(社会的)ひきこもり、キレる、反抗期、グレる・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ