03. 自分の感情や感覚と正しく向き合える能力を身に付ける

自分自身に生じる感情や感覚は、快・不快に関わらず、いくら否定しても自分の内側から自然に生じるもので、自分にとっては絶対に正しいものです。

この真実を子供の心が理解しているかどうかは、その子の人生を左右してしまうほど重要なことです。

繰り返しになりますが、自分の感情や感覚は、たとえそれを否定したとしても、それは自分の内側から湧き出てきます。

ですから、感情や感覚を否定するという対処方法を身につけてしまうと、止まらない自分の感情や感覚を消し去らなければならないと、どんどん自分自身を追い詰めてしまいます。

そんな状態のとき、何らかの理由によって、他人の存在を肯定すれば、自己破壊(自虐、自殺・・)、逆に、自分の存在を肯定すれば、他者破壊(犯罪、暴力、殺人・・・)するしかなくなってしまいます。

子供に自分の感情や感覚と向き合える能力を身に付けさせる為には、親が、まず、子供の感情や感覚を肯定的に受けとめようとする事が大切です。

これは、そんなに難しいことではないのですが、意識していないと難しいことでもあります。

それは、子供の感情や感覚を、それがどのようなものでも、次のような基本姿勢で接してあげる事です。

 「そうかそうか」とだけ言って、子供の感情が落ち着くまで、付き合ってあげる

ただ、それだけで良いのです。

感情や感覚が落ち着けば、親が何も言わなくても、子供は自分で勝手に解決できるのでから、これが必要最小限で、かつ、最強のサポートになるのです。

子供が困っているときに、次のような対応をしていたら、その対応は子供の感情や感覚を大切に扱っていないと自覚して下さい。

  • 子供が困っている問題の解決方法を考えようとする
  • 励ましたり、ポジティブな考えを伝える

もし、このような対応を続けていくと、子供は将来、

  • 「こんな事で悩むのはダメな人間だ」と悲観しながら日々を送る
  • 逆に、「もっとプラス思考にならなければダメだ」などと、前向きっぽい言葉で自分を奮い立たせて生きる

といった人生を歩ませてしまう可能性が高まります。

また、「辛い気持ちを人に話しても何の解決にもならないから、自分で乗り越えるしかない」と考える傾向を身につけさせてしまうことにもなります。

この自分ひとりで乗り越えようとする傾向は、苦しさに比例して大きくなってしまうところがあるので注意する必要があります。

苦しい状況に陥っても、根性で解決出来ているうちは良いのですが、もし、直ぐに解決できない問題に直面したり、些細だけれども沢山の問題を抱えてしまったとき、ネガティブな感情を否定することでは対応出来なくなってしまいます。

しかし、苦しい時ほど自分ひとりで頑張ろうとする傾向によって、子供が大人になったあと、『苦しさの中で孤立してしまうような人生』を過ごさせてしまうことになるのです。

【まとめ】
  • 子供が感情や感覚を表明している時は、子供の感情や感覚の対象ではなく、感覚や感情そのものを受けとめる

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ