02. コミュニケーションの正しいイメージを身に付ける

2-1.コミュニケーションの役割

世界観は、『客観・価値観・主観』によって構成されています。

コミュニケーションの役割は、お互いの世界観を、それぞれの人にとってより良いものに変容させていくことだと考えています。

『妄想』という言葉がありますが、これはそれほど特殊な事ではありません。

人が世界に対してもっているイメージの全ては妄想である

といっても過言ではありません。

しかし、その妄想が、コミュニケーションによって、修正されたり、共有する人の割合が多くなっていくことで、それは社会的には妄想とは呼ばれなくなっていくのです。

逆に、コミュニケーションがうまくいかずに孤立してしまった個人の妄想を、社会は妄想と呼ぶのです。

子供が、家庭の中で健全なコミュニケーションを身に付けていれば、家庭で身に付けた世界観も、新しい人間関係の中でも適応できるように必要に応じて修正されていきます。

そこで修正されるべきことは、

  • その家庭独特の社会から孤立した世界観
  • 子供の頃の思い込み

の2つです。

それが修正されずに孤立した妄想として残ってしまうと、社会や他人とのギャップに苦しんだり、独りよがりな行動や犯罪を引き起こしたりすることにつながってしまうのです。

孤立した世界観でも、それを持つ人にとっては、「それが世界のルールである」という位置づけは、社会性のある人の世界観と何ら違いはありません。

ですから、他の人こそ異常だと思ったり、非社会的行為をしても本人に罪の意識が無かったりするのも不思議ではないような気がします。

自分の子供をそのような状態に陥らせない為に、多くの人と正しいコミュニケーションをもてる基礎を築かせてあげることが大切なのです。

【まとめ】
  • 修正されずに残ってしまった孤立した妄想による行動は、社会には受け入れられない
  • コミュニケーションが世界観を修正するきっかけを作る。

2-2.コミュニケーションの正しいイメージ

コミュニケーションによって、世界観の重要な部分について学習するという説明はしましたが、それと共に、コミュニケーション自体に対する基本的なイメージも身に付けることになります。

コミュニケーションの基本は、ごく当たり前の次の2点です。

  • 自分の感情や感覚などを感じ、それを相手に伝える
  • 相手が気持ちや感情などを表明し、それを受けとめる

この繰り返しがコミュニケーションということになります。

これを円滑に繰り返すことでお互いを分かり合っていけるのですが、この繰り返しが始まらなかったり、途中で途切れたりすると、お互いを理解し合えない状態に陥ってしまいます。

逆説的な表現になりますが、コミュニケーションを阻害する予感を与えないことが、コミュニケーションの正しいイメージを壊さないことになるのです。

【まとめ】
  • 子供には、コミュニケーションを阻害する予感や感覚を沢山与えないようにすること
  • 子供には、コミュニケーションを促進する予感や感覚を沢山与えようとすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ