子育ての目標

子育ての目標に、『社会で自立できる大人に育てること』という気持ちを持たれている親御さんは多いと思います。

でも、『社会で自立する』って立派なスローガンを掲げてしまうと、いざ、それを具体的に実践しようとした時に、「それって、いったい、どんなことなのだろう???」と困ってしまうことも多いのではないでしょうか?

そう考えてみると、「子育ての迷い」というのは、自分の子供に対する迷いではなく、実は、『社会で自立する』という言葉に対する自分自身の迷いであるのかもしれません。

『自立』という漠然とした言葉の呪縛から離れる為には、まず、「心の自立」という部分を押さえておくことが大切だと考えています。

「心の自立」ということについては、心理に関する話しの中で、しばしば出てくるので、一度は、聞いた事があるかもしれません。

【心の自立】

次の3つに責任を持てる状態を「自立している」と表現されることが多いです。

1.自分の感覚や感情 

2.自分の思考  

3.自分の行動

これだけでは、分かり難いと思うので、少し例を書いてみます。