オキシトシンの効果かどうかは分かりませんが・・・

「早めに気持ちが収まったらいいのにな・・・」

そう思いながらしばらく様子を見ていました。

でも、30分位経っても、気持ちは全く収まらないようでした。

「もう、自分が何に怒っているのか分からなくなっているのかもしれない・・・。」

そう考えて、意識の方向を変える作戦で対処してみることにしました。

そのとき思いつきました。

「あっ、オキシトシンを使ってみよう!」

NHKスペシャルで取り上げられていたので

ミーハーな私は、早速、オキシトシン を購入していたのでした(笑)

下の子をみんなのいる部屋に呼んできて、「これ、優しい気持ちになって、みんなが仲良くなる薬なんやで」って言って、まず、私が、自分の口にシュッシュっとスプレー。

次に、下の子にシュッシュ。

最後に、上の子に、シュッシュ。

その後、約1分程度、口の粘膜からオキシトシンが吸収されるように「1分間飲み込んだらあかんよ」と説明し、三人が、それぞれ、ベロで、口の中をムニュムニュ。

しばらくして、「どうや、幸せな気分になってきたか?」と聞くと、子供たちは、「分からんけど、おとうちゃんは一番幸せそうやで!」

三人は、笑いに包まれて、さっきまでの喧嘩の雰囲気は吹き飛んでしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です