自分の子供という存在

心理カウンセリング・催眠療法の受付

【続き】

「自分の子供」という言葉には、

「子供は親の所有物」的なニュアンスも含まれているように思います。

 

そんな感覚になるのは、ある意味、普通のことのように思います。

 

でも、最近、違う意味合いがあることに気づきました。

 

それを文章で上手く表現できるか分かりませんが頑張ってみます。

子供とは、親と呼ばれる人と
ある期間一緒に過ごしてくれる人

母親は「自分のお腹を痛めた」という確かな実感を持っていると思いますし、

父親も、母親からその実感を分けてもらって、

それぞれに、『自分の子供』と感じていると思います。

 

そして、それは、ごく普通の感覚だと思います。

 

でも、前回に書いた「奇跡について」みたいなイメージから考えると、

子供は、父親・母親というレベルよりも、もっと大きなところから、

この世に生ま れてきているような気がします。

(もしかしたら、「自分の子供」なんていうことは、恐れ多くて言えないことなのかもしれません)

 

そして、たまたま「その親の子」として生まれてきた「子供」と呼ばれる1人の人が、

親の人生のある期間、他の人間関係では得られないほどの親密さで、関わってくれているような気がします。

 

ただ、その人は、あまりにも未熟な為に、

なかなか1人の人として見ることは難しいと思います。

 

そんなときに、

これからの自分の人生のしばらくの期間、とても親密に関わってくれる人が、そこに居てくれている」と思うと、

そんなに親が思う通りにコントロール(支配)しようとしなくても良いのかもしれないと思えて

、少し肩の荷が下りたような気がしました。
「親がして欲しくないこと」を何回も繰り返すとき、

「言うことを聞かない!」とイライラするよりは

、「言葉の通じない外人に、親切に教えてあげる」ような心境になることも、

少し多くなったような気がしています。

 

といっても、いつもいつも、そんな「きれい事」のような心境で、

子供と接することは、出来ていませんが(^_^;)、

 

そんなことを思い浮かべると、気持ちが楽になることも多いです。

このブログは、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

 

子育てに関連するコンテンツ

このブログの他に、メインサイトでも子育て関連の考えを紹介しています。

 

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389) 

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください