お母さんはしつけをしないで

前回、「お母さんはしつけをしないで」という本のタイトルに惹かれて、中身を読まずにご紹介したのですが、やっぱり、そのまま放っておけずに、読んでみました。

想像していたような内容が、とても分かりやすく説明されていました。

心に残った言葉は「しつけの後遺症」。

心に何らかの問題を抱える人たちの多くは、しつけの後遺症に苦しんでいるということです。

オススメです。

ついでに「あふれるまでに愛をそそぐ」という本も読みました。

この2冊で、子供の心を壊さない子育てを理解するために読んでおいた方が良いと思う本が揃った感じがありますので、オススメの3冊をご紹介しておきます。