不毛な議論に終止符を(その1) しつけと虐待

心理カウンセリング・催眠療法の受付

  • それは、虐待か?、それとも、しつけか?
  • しつけ虐待の見極めが難しい。

テレビの報道ワイドショーを見ていると、こんな話をよく耳にします。

この問いかけが正しいと思うと、本質を見失ってしまいます。

正しい問いかけは、

  • しつけを、言葉で行いますか?それとも、体罰で行いますか?

です。

そして、その次の問いが、

  • しつけ体罰で行っているとしたら、その程度はどのくらいですか?

です。

これをごちゃまぜにしていると、「虐待しつけか見極めることは難しい」ということになるのです。

一応、2番目の問いとして、体罰の程度について書きました。
しかし、体罰という手段を使ってしつけをしているとしたら、大事なところは、体罰程度ではなく、

  • なぜ、言葉しつけが出来ないのか?
または、
  • なぜ、しつけには体罰が必要だと思い込んでいる(思い込んでしまった)のか?

ということに、意識を向けるべきです。

そして、更に、言葉しつけをしている場合でも、

  • 「言葉の暴力」とは、どのような時にどのように対処することなのか?

ということを考えておく必要があります。

 

【補足:2013年01月27日】

次の投稿に関連することを書きました。

「体罰」を「罰」という視点で考えてみました (子育てと解釈

このブログは、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

 

子育てに関連するコンテンツ

このブログの他に、メインサイトでも子育て関連の考えを紹介しています。

 

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389) 

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください