『正しい言葉』を遣わせる(その2)

今回は、『正しい言葉』を遣わせる(その1) でご紹介したエピソードでは、下の子が「うらやましい」という意味で「ズルイ」という言葉を遣い始めたのに、その言葉を繰り返している内に、兄のことを、本当にズルイ人間だと思うようになってしまいました。

自分の気持ちを表現するための言葉を間違って使ってしまうと、

自分が表現したかった気持ちが、

間違って遣った言葉がもともと持っている意味で置き換わってしまって

自分の気持ちが分からなくなる

今回は、この辺りのことも踏まえて、誤った言葉を遣うことによる弊害について詳しく説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です