叱って育てる・褒めて育てる

はじめに

人は生まれてから社会に一人立ちするまでの間、社会で生きていくために必要な知識を暗示として蓄積していきます。

その暗示(知識)を蓄積する方法として、次のようなものが挙げられます。

  • 他人から与えられたものを受け入れる ( しつけ教育、情報、社会の常識・慣習 … )
  • 自分で体験したことを蓄える
  • 理解できないことを自分なりに解釈して作り出す
  • 蓄積されたものを、自分の中で体系立て、それらを包括する上位の解釈を作り出す
  • 既に蓄積したものを、経験に応じて修正する

インプットがあるのは、はじめの2つです。

(残りの3つは、自分の中で起こることです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です