だから言ったじゃない!

これは、言い方にもよりますが、強い口調で言っているときは

私は、あなたのつらい感情を受けとめることは、決してしません

と宣言していることが多い言葉です。 もう少し、分かりやすく書くと、次のような感じです。

お前は、私の言っている通りにしなかったから、そんな目に合った。
そして、つらくなった。
つらくなったのはあなたの責任。
だから、自分のつらい気持ちは、自分で解決するしかない。
私に、そんな話をして、私にどうしろっていうの!?
だから、私に、そんな話をしても無駄よ!
私にそんな話を聞かせないで!
私は何もしないわよ!

このような言葉を言う親は、自分自身がつらくなったとき、つらい気持ちのままに放置されることが多かったから、一人をつらさを我慢して乗り越えてきたところがあると思います。

だから、そんな時、どうすれば良いのか分からない気持ちになるのは、分かる気がします。

何も特殊なことはしなくてもいいんですよ。

ただ、つらそうな子供を抱きしめてあげるだけでいいんです。

あなたの胸の中で、子供が泣く様子が苦しそうだと感じても、慌てずに、ただ、抱きしめているだけでいいんです。

しばらくの間、「親に抱きしめられる」という安心な状況の中で、しっかり泣かせてあげれば、子供の気持ちはスッキリした気分になります。

そして、元気と勇気を取り戻して、笑顔になって、勝手に、親の胸の中から飛び出して行きます。

無理に追い出そうとしなくても、勝手に飛び出していきます。

親は、ただ、その時を、子供の心のペースに合わせて、待っているだけでいいのです。