たぶん、親が子供に一番やってはならないこと

【お知らせ】

現在、新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言を受けて、カウンセリングルームでの対面カウンセリングは休止しています。電話カウンセリングのご利用をご検討下さい。

-> カウンセリングルームとカウンセリングのご案内

たぶん、「親が子供に一番やってはならないこと」は、これだと思います。 はじめに結論を書きます。

「親が子供に一番やってはならないこと」 子供に最も身近な親が、子供に対して、もう一人の親の悪口を言うこと

ここからは、分かりやすいように、少し極端な説明をします。

全ての家庭に当てはまるわけではありませんが、どのような影響が生じる恐れがあるのかは、知っておいて下さい。

なぜ、だめなの?

子供の大切な逃げ場所を奪い取ってしまうから。

逃げ場所を失ってしまった子供は、『最も身近な親』が感情的になったら、その親の感情と向き合い続けなくてはならなくなってしまいます。

子供は、親から感情をぶつけられて嫌な気持ちになっても、その感情を昇華(解消)するために頼れる『もう一人の親(大人)は、家庭の中にはいません。

つまり、親の感情だけではなく、自分に生じている嫌な気持ちとも、一人きりで向き合わざるを得なくなるのです。

これが習慣化すると、「誰かに見守られながら泣いて楽になる」という『心を回復する機能』への封印となってしまいます。

具体的には?

現代の日本社会では、一般的に、『最も身近な親』は『母親』であることが多く、また、『もう一人の親』は『父親』であることが多いところがあります。(※1) ですから、現代社会に当てはめると、

  • 「母親は、子供に対して、父親の悪口を言ってはいけない」

ということになります。

(特に、子供のことを感情的に責めやすいところがある場合は、気を付けた方が良いと考えています。)

【補足】
父親が母親の悪口(愚痴)を言っても、もともと母親の方になついている子供には、それほど影響は与えないと考えています。
逆に、「お母さんの悪口を言うな!」と叱られてしまいそうな・・・。
とはいえ、お互いに愚痴は、子供のいないところだけに留める方が良いでしょう。

Share