カテゴリー: 回想と解釈

「体罰」を「罰」という視点で考えてみました

以前、「不毛な議論に終止符を(その1) しつけと虐待」(読むカウンセリング)という文章で、

「虐待」と「しつけ」について、少し考えてみました。

 

そこで、

■ 「しつけ」 と 「虐待」 を区別しようと考すると混乱するので、「言葉でしつけるか、体罰でしつけるか」と考えては?

といったことを書きました。

 

でも、最近の「大阪の一件」が発端となった「体罰」に関する議論を聞いていて 、もう少し考えてみることにしました。

(さらに…)

子供が苦しさに追い詰められていることに気づけなくなるカラクリ

なぜ、親が、「子供が苦しさに追い詰められていること」に気づけなくなるのかを説明します。

(いじめから子供の心を守ることができる親や大人になるために・・・)

 

その本質を理解するには、幼児期子供と親の関わり方を振り返る必要があります。

 

小さな子供が、おもちゃを買ってもらえなくて泣いているところを想像してみて下さい。

 

一般的に、次の図のように、子供が泣くのは、「自分のわがままを通そうとしている」と認識されることが多いと思います。

 

 

子供が泣いていることに対するこの解釈が、将来の子供を追い詰めてしまうことにつながります。

また、が、子供の気持ちに気づけなくなってしまう根本的な原因でもありす。

(というか、この時、既に、子供の気持ちには気づけなくなっているのですが・・・)

(さらに…)

子供から「お父ちゃん(お母ちゃん)なんか、死んでしまえ!」と言われたら・・・

例えば、子供が、自分の言うことを聞いてくれない親に腹を立てて

酷いことを言ったりすることがあります。

 

  • お父ちゃんなんか、死んでしまえ!
  • お父ちゃんなんか、いなくなれば良いんだ!
  • お母ちゃんなんか、死んでしまえ!
  • お母ちゃんなんか、いなくなれば良いんだ!

 

それに対して、

「親に向かって何てことを言うんだ!」

と激怒してしまうこともあると思います。

(さらに…)

子供の頃のどのような経験が、どのように心に影響するのか?

ちょっとした読み物を音声にしてYouTubeに公開しました。

過去の催眠療法の実践から理解したことが、話の骨となっています。

9割以上の人は、子供の頃に似た経験をしています。

 

今回ご紹介する3つの音声を聞いて頂くと、

これまでとはちょっと違った側面から、心のことを眺められるようになると思います。

 

そして、「子育てで何よりも大切なことにも気づいて頂けると思います。

 

それは何でしょう?

 

結論だけ先に書いておきます。

このブログで繰り返し説明していることです。

 

  • 子供が泣いていたら、難しいことは考えずに、とりあえず抱き上げる
  • 子供が安心な様子になるまで、ただ、抱きしめる

 

これが子供心を守ることにつながります。

そして、心を回復できる習慣を身につけた人に育てることにつながるのです。

(さらに…)