子供をつらい気持ちのまま長く放置してはいけない

つらい気持ちになっている子供を、長く放置してはいけません。

なぜなら、子供は、自分ひとりでは、苦しい気持ちを楽にすることが出来ないからです。

(これは、成長しても、大人になった後でも同じです。)

放置すれば、子供は、おとなしくなります。

これは、子供が穏やかで安心な気持ちを取り戻したからではありません。

子供が、「親にやさしく抱きしめもらい安心な気持ちにさせてもらう」という小さな願いをあきらめたからです。

やがて子供は考え始めます。

  • どうして、こんなことになったのだろう?
  • 何がいけなかったんだろう?
  • どうしたら楽な気持ちになれるのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です