親に与えられた最大の権利

子供と共に過ごす親に与えられた最大の権利、それは

  • 自分の子供を抱きしめたり、頭を撫でたりといった行動を、他の誰よりも密度高くすることができる

ということです。

他人の子供に対しては、そうはいきません。

嫌なこと、痛いこと、つらいこと、我慢できないこと、そんなことに遭遇した子供は、親に対して情けない表情を隠すことなく露呈し、泣きじゃくります。

そんなときは、子供が泣いている原因を解釈したりせず、ただ、子供を抱上げてあげればいいのです。

「そうかそうか、悲しいんだね・・・」、「そうかそうか、嫌なんだね・・・」、「そうかそうか、おもちゃを買って欲しかったんだね・・・」などといって、ただ抱きしめてあげれば良いのです。

「親に与えられた最大の権利」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。
    最近不安定な4才の男の子に、抱き上げることとそうかそうかを明日からやっていこうと思います。よいきづきをありがとうございます。
    ひとつ質問があります。下に1才の女の子がおり、兄を抱くと「自分の場所を取られた」とばかりに泣きます。泣き声の中、落ち着いて抱くことが難しく、下の子が6ヶ月頃から息子を抱っこすることが減ってしまいました。
    二人同時に抱っこや、下の子が昼寝中だけの抱っこでは満足いってない様子なのです。息子を抱っこすることに下の子が慣れるまで気長にやるしかないでしょうか。

    1. ねねさん、コメントありがとうございます。
      ご質問の件ですが、ねねさんの参考になることを願って、私が考えたことを少し書かせていただきますね。
      たぶん、「これが答え」というものはなく、答えはたくさんあるだろうと思います。
      私が、そんな答えを探すときに心掛けたことは「まるくおさめる」ということです。
      それを頭において、試行錯誤を繰り返していくうちに、そんな答えらしきものの一つにたどり着く、そんな感じでしょうか。
      ご質問のような状況で、「私だったら、どんなところから、そんな試行錯誤を始めるだろう?」と考えてみました。
      正座して、上の子を立たせたまま、片方の腕で抱きしめて、下の子を、太ももに抱き着かせて、もう片方の腕で頭や背中を撫ぜまくるといったことから試してみるかな・・・。
      ねねさんも、お子さんたちも、だれも、我慢せず、無理もせず、それなりに満たされて、穏やかに・・・
      そんなアイディアが見つかるといいですね。

  2. とても良いブログ、記事をありがとうございます!そうかそうか。とすぐにでも使っていきます!2歳半の娘を育てていて、壁にぶちあって娘も私も辛い数日を送っていた所でした。インナーチャイルドの記事も読んで自分も癒して幸せに過ごしたいと思いました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です