トピックス:正しい葛藤と誤った葛藤

book_kokoro_w200

※「あなたにもある心を回復する機能」に掲載しているトピックスをご紹介しています。

 

自分の気持ちに沿って決断するためには、正しく葛藤することが重要です。

「やりたい・やりたくない」という気持ちを例にすると、健康的な心理状態での葛藤は、次のような2つの気持ちの中で結論を出そうとしている状態です。

■正しい葛藤状態: やりたい気持ち + やりたくない気持ち

ここで大切なことは、やりたい気持ちも、やりたくない気持ちも、共に自分の本当の望みだということです。

思考には心理的な苦痛が伴います。

でも、いろいろと思考をめぐらせた結果、どちらの気持ちを優先させても、そのいずれも自分の気持ちなのですから、思考の苦痛の後には、それなりの満足感を味わえることが期待できます。

そして、満足感が期待できるから、苦しい葛藤の中にしばらく身を置くこともできるのです。