トピックス:オール・オア・ナッシング

book_kokoro_w200

※「あなたにもある心を回復する機能」に掲載しているトピックスをご紹介しています。

「オール・オア・ナッシング」は、次のように説明される状態です。

  • 物事の道理が少しでも崩れていると感じると、それを受け入れることが難しい
  • 完全でなければ満足できない、不完全だと耐え難い不満足感に見舞われる
  • 白か黒か(完全か不完全か)の両極の評価しかなく、間のグレーな部分が認められない

このような状態に陥っていると、周りの人との折り合いがつかずに、周りの人を困らせ、本人も困ってしまうことが多く、最終的には、人間関係を悪化させることにもつながります。

このようなオール・オア・ナッシングと呼ばれる心理状態は、思考の問題として捉えられがちです。

しかし、そのように捉えてしまうと、人間関係を改善するために、思考(考え方)を変えなければならなくなります。

「考え方を変えた振り」はできるかもしれません。

ても、考え方を、本当に変えるのは容易ではありません。

考え方を変えようとすると、自分に生じる考えを否定しなければならなくなります。

自己否定です。

自己否定は「自分にとっての確かなもの」を消し去ってしまいます。

やがて、自分の本当の気持が分からなくなったり、自分がないと感じるようになったりするようになります。

「自分は生きている資格はない」という絶望感に囚われてしまうことにもつながります。

このように『考え方を変えること』によって解決しようとすると、逆に、苦しい気持ちを強くしてしまうのです。

では、どのように取り組めばよいのでしょうか?