精神症状や問題行動について

00.行動や症状の悩み

神経症などの精神症状に陥ったり、一般的な人から問題視されがちな行動から抜け出せなくなったりすることがあります。

そのような時、周りの人が困ることもあるかもしれませんが、その症状や行動に困っているのは、当の本人自身です。

精神症状は、自分の意志とは無関係に生じるように感じてしまいます。

また、問題視される行動は、「それをもうしない」という自分の意志に反して起こしてしまいます。

自分の意志では制御できないと感じてしまうと行き詰ってしまいます。

出口の見えない問題ほど、人を苦しめるものはありません。

そこで、解決の方向性を少しでも感じて頂けるように、ありふれた説明ではなく、少し異なる視点から、これらの行動や症状を説明ます。