第2部 「心の苦しさ」の対処

【 広 告 】 オキシトシンラブ(OxytocinLove) 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

心の苦しさは、次の2種類に分類できます。

 

(a)「心に問題のある自分は、この苦しみから一生抜け出せない」と考える苦しさ

(b)「心が苦しい」と解釈するもとになる感覚

 

第1部で説明したように、心の本質に問題がある人はいません。

ですから、(a)のように考える必要はないといえます。

また、(b)について正しく理解できれば、やはり(a)の苦しさからは解放されるはずです。

 

第2部では、(b)の苦しさを、次の8つに分類して説明します。

 

(1)「自分の心に問題がある」と認識し自分を責める苦しさ ※これは(a)の苦しさです。

(2)誰でも同様の経験をしたら同じように感じる苦しさ

(3)抜け出せない思考による苦しさ

(4)慢性的に胸部に感じる苦しさ(頭部に感じる苦しさ)

(5)条件反射に支配され自分の思い通りに行動できない苦しさ

(6)コントロールできない感情に振り回される苦しさ

(7)コミュニケーションがうまくできずに孤立してしまう苦しさ

(8)自分の気持ちが分からない苦しさ 

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ